MENU

当サイトは、東日本大震災で被災した管理人と様々な被災経験のある被災者さまたちと一緒に立ち上げたサイトです。

被災者としての視点から、防災グッズや食料品、非常時のレシピなどを紹介しています。

今すぐ用意した方がいい防災グッズ

明日、震災が起こるかもしれない!でも何を用意したらいいのかわからない!という人のための防災サイトです。

もし、今から防災グッズを準備したいなら、こちらの記事を参考にしてください。

防災セット!震災時おすすめの7つ道具

千円でおつりが来る!100円ショップで揃うお手軽防災グッズ

地震で家具が移動しないための4つのグッズ対策

【2016/4/19追記】

上記以外のもので絶対に必要なのは、発電機です。

発電機を用意するのが困難であれば、手回し携帯充電器、車載用充電器でも構いません。

携帯電話の電池だけでも絶対に確保できるようにしておきましょう!!

また、賞味期限の切れた水は、飲料用には使えなくても、洗顔用や排泄用に使えます。絶対に捨てないでください!

停電時は、トイレも流せませんし、最近のものだと洗濯機の扉も開かなくなります!!

さらに、落ち込んだときは、とにかく体を温めてください。

隣人の心が折れそうな時も、毛布をかけてあげる、または温かいスープや白湯をあげてください。

体が温まると、不思議と気持ちも落ち着いてきます。ぜひ、試してみてください!

また、電気もない環境だと日が落ちると何もすることができません。

日が明るいうちに用事を済ませておきましょう。

そして、日の入り日の出時間を事前に確認しておくのも大事です。

国立天文台・都道府県庁所在地等の日の出・日の入り時間を確認

おいしい非常食の重要性

「食」は災害時にあなたの命をつなぐ大事なものです。

味気ない物ばかり食べていては、精神的にもよくありません。食べ物がないという状況は、人を恐怖のどん底に叩き落します。

災害時に第三者の救助の手が必ずあるとは限りません。

実際に、災害時の餓死者の数はみなさんが思った以上に多いのです。これは現代の話です。

おいしい非常食を常備し、起こりうる災害から、ご自身やご家族の安全を確保しましょう!

 

 【被災者体験談】被災者の生の声!

 

おいしい非常食管理人について

atsuki

東日本大震災で被災した管理人です。

宮城県は「近いうちに宮城県沖地震がくる」と言われ、防災には力を入れていたつもりでいました。
が、「いつ来るかわからない災害に備えても仕方が無い」と思っていた人も少なくありませんでした。

結果、大混乱が起こりました。
ガソリン不足で外出も出来ず、身内の安否もわからず、食料品が尽き、途方に暮れていた人が非常に多かったです。

これらの経験から「非常食は大事だ」と強く思うようになりました。

災害はいつ起こるかわかりません。

誰かの助けをアテにして、何も準備しないのは、ダメです!

毎日怯えて暮らすのではなく、いつ災害が起きてもいいように、救助がくるまで生きていけるように、備蓄しましょう。

ミネラルウォーター、ドライバー、缶詰・・・なんでもいいです。
1つあれば、必ずあなたの役に立ちます。あなた以外にも、大切な人や近隣の人を助ける糧になります。

「結局、使わないでムダになったな~」と思える時が、一番幸せな時間なのです。

中でも、私たちを元気にしてくれるのが「おいしい非常食」だと実感しました。
食事は私たちに力をくれ、ストレスと戦う勇気をくれます。

おいしい食事こそが、生きることができる力だと、心から実感しました。

どうか、このサイトを見たら、何か一つでも防災の準備をしてみてください。

 

記事一覧