予測不可災害!ゲリラ豪雨対策にも非常食を用意しよう

gerirahijoushoku

4年前のことなのですが、ゲリラ豪雨に合い、非常食が必要と感じた話を紹介します。

比較的昼間は穏やかに晴れていたので安心して洗濯物を干して出かけていたのです。

すると夕方になって突然暗くなって来た事で、慌てて自宅に戻って洗濯物を取り入れた直後に見たことも無いほどのゲリラ豪雨が襲ってきました。

数時間後には近くのダムが放流された事もあり、一気に下手の地区は床下浸水が始まり、我が家も床すれすれの水位まで水がやってきました。

まるで滝にでも打たれているかのような凄い雨だったのですが、全く備えをしていなかった事もあり、数日間の間は畳を干したり家の周りの片付けに追われるなどしたことでかなり大変でした。

 

災害は本当に予想できない!

ゲリラ豪雨は予知が難しいと言われているのですが、いつどこで起こってもおかしくはなく状況です。

普段から非常食を用意していたり、家の周りの物が流されないように常に気を配っておく事が必要だと感じました。

また土地が低い場所には水が流れやすくなっている状況なのですが、むやみに高台に避難しても今度は土砂崩れなどの心配も付きまとうので、普段からどこに逃げたら安全なのかを近所でも話し合っておくことが必要だと感じます。

 

防災はまさに備えが肝心なのですが、自然のパワーには人間は勝てないと言う事をしっかり肝に銘じておくことも大事だと実感しています。