震災で卒業式がないまま終えた大学生活

2011年3月11日が私にとって一生忘れられない日です。

当時、東北大学の四年生の私は仙台市の川口にある一人暮らしのアパートで上京就職の準備をしながら二週間後の25日の卒業式を待っていました。

 

突然始まった大きな揺れ

 あの日は青葉区役所で住民票を貰いに行って、手続きしている最中に、突然地盤が揺れ始まりました。

最初は大したことではないと思って、何もしなったですが、突然揺れが激しくなり過ぎで、区役所のライトが落ちてしまったんです。

「今回はやばい」と思いながら、とりあえず職員の指示で区役所にある机の下で避難することにしました。

 

揺れが収まると帰宅難民に

揺れが長く続けるほど不安が多くなり、区役所に置いてある本や資料が地面に落ちた音も聞こえて、さらに不安になってしまいました。

やっと揺れが落ち着いたら、すぐに区役所の外に出て、何か外の車が長列で動けない状態でした。

もちろん、家に帰るバスもなく、歩いて帰る事になりました。

 

連絡を取りたくても取れない状況

家に帰ったら、まず電気とガスをチェックしてみたら、止まったようです。

仕方なく携帯で友人へ連絡しようと思って、携帯も使えませんでした。当時はスマートフォンはありませんでした。

三月の仙台はまだ寒いので、このまま暗くなったら一人でどうしようと思ったら焦りが出ました。

 

このまま世界が終わるかもしれないような恐怖感

思い切り簡単な荷物を片付け、近くにある大学の友人のうちに行ってみました。

道路には一人もいなくて、このまま世界が終わるかもしれないような恐怖感で友人のアパートにつきました。

友人の部屋にはすでに近所の大学生が3人ぐらい集まってきて、私を見たらみんな泣き始まったんです。

そして四人で食べずに寝れずに地震後の最初の夜を過ごしました。

 

卒業式がないまま大学生活を終えた

数えられる余震は134回でした。

次の日に、皆で学校に行って、1週間ぐらい学校の食堂で何百人の学生と一緒に避難生活をしました。

もちろん、予定の卒業式もなくなり、このように私の大学生活が終了しました。