絶対に必要!手軽に買えるおすすめ非常食

tegaruhijoushoku

非常食はやっぱり買わなきゃいけないの?

「朝ごはん食べ忘れたけど、途中のコンビニで買えばいいや」

忙しい朝、そう思ったことはありませんか?

今食べなくても後から食べることができる、というのはお店が可動しているからです。

 

お店が閉まっている場合、私たちは手持ちのスマホで開店時間、これから行く店の情報を確認します。

情報を確認できるのも、電波があるからです。

災害時、必ずお店が開いているとは限りません。

そして、いつお店が開くかもわからない状況が続きます。 確認しようにも、電波がない状況が続きます。

 

災害時、こんな当たり前のことに改めて気づかされます。

 

いつでもご飯を食べられるという状況は「与えられている環境」です。

そして「いつ次のご飯を食べられるの?」と考える状況は、想像以上に恐怖です。

 

「小食だから、別に食べなくてもいいや」と思っていませんか。

それはあなたが期限を決めている状況だから、いいやと思えるのです。

いつどうなるかわからない、先の見えない環境は人を恐怖やパニックに陥れます。

 

あなたが理性を保っていられるのは、より良い環境を他者から与えられているからです。

 

生き残る環境を作るのは自分

災害時、自分で環境作りをすることは大事です。

キャンプ経験者なら理解していただけるかもしれません。

手持ちの食料がなくなれば、供給することは難しいのです。

 

災害時、ライフライン、交通機関、郵送業はストップします。

東日本大震災の時は、場所によって様々でしたが、 電気の復旧まで一週間、水道の復旧まで5日、ガスは当日から使えました。

当たり前のことですが、電気がないと電子レンジが使えません。スマホの充電もできません。 水道が使えないと、お風呂にも入れません。頭も歯も磨けません。 ガスがなければ、お湯を沸かせません。

本当に当たり前のことなのですが、私たちは忘れてしまっているのです。

 

「○○日で復旧するから大丈夫」 それはあくまで結果論です。 次の大災害が起きた時は、どうなるかわかりません。

少しでもパニックにならないようにせめて食料だけでも備蓄しておきましょう。

 

手軽に買えるおすすめ非常食

「備蓄して保管する場所がない」と思う方もいらっしゃるでしょう。 そんなアナタへ、スーパーで手軽に買えて保管も簡単な食材をピックアップしてみました。

  • ふりかけ
  • チョコ
  • ツナ缶
  • フルーツ缶など各種缶詰(できたら缶きりのいらないもの)
  • ミネラルウォーター
  • レトルト用品

 

これなら普段の調理にも使いますし、 普段少々多めに買い置きをして、無くなりそうになったら買い足しをするような癖をつければいいと思います。

常に多めにストックしてある状況が好ましいですね。

水の使い道は飲料水だけではありません。 ミネラルウォーターなど賞味期限が切れてしまったら体や顔を洗う水にすればいいのです。

 

で、もしもテーブルガスコンロがあれば、

  • パスタ
  • そうめんなどの乾麺

もいいですね。 キャンプ経験者で用品があれば、簡単にお米も炊けそうですね。

 

知恵をふりしぼって、一緒に次の災害に備えましょう。