被災してしまった時にとるべき3つの方法

torubekikoudou

東日本大震災から学んだ!被災してしまった時は・・・

東日本大震災が起きたとき、私は友人とカラオケ屋にいました。

大きな地震が起きて数分後、外に避難しました。

その後は大きな公園に移動、友人と今後について話し、解散しました。私はそこから10分くらい歩いた所に家があるので、急いで帰りました。

ですが、いるはずの母がいなく、探しまわりました。結果的に、コンビニで食糧と飲料を買っていたのです。

私は全く栄養源について考えていなかったので、ありがたかったです。

 

被災してしまった時にとるべき3つの方法

1.急いで買出し

ありえない地震が起きた場合、まずは買い出しをお勧めします。 ミニストップは緊急時でもなるべく店を開けるらしいので、狙い目かもしれません。

2.情報を集める

あと、必要だと感じたのはラジオです。 電気が止まってテレビはまず観れないと思うので、ラジオで情報を仕入れるしかありません。 電池式のものでしたら、ちゃんと機能するか確認しておいたほうが良いと思います。

3.避難先の確保

避難するかしないかですが、これに関しては一概にこうしたほうがいいとは言えません。私は避難しませんでした。 避難指定場所の小学校に物凄い人が集まっていると聞いたからです。

しばらくしてから聞いた話ですが、人が多すぎて一人ひとりの場所がかなり狭く、椅子に座るのがやっとだったらしいです。

 

とりあえず、何か大きなことが起きた際は情報を集めたほうがいいと思います。

震災時も私の地域ではツイッタ―が使えたということを、お伝えしておきます。

 

(東日本大震災・被災者)